生活情報

6月の歳時記

季節や日々を楽しむヒント


季節や日々を楽しむヒント

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、季節を表わす言葉で、1年を4つの季節に分けて(春夏秋冬)、それぞれの季節をさらに6つにわけるという日本独特のものです。6月は二十四節気でいうところの芒種(ぼうしゅ)6月5日と夏至(げし)6月21日[*]があります。芒種とは、稲や麦など穂の出る植物の種をまく時期のことで、穂先の小さな突起を芒(のぎ)と呼ぶことから由来しています。夏至は1年のうち、昼の時間がいちばん長くなる日。「夏に至る」と書くように、この日を境に本格的な夏へと向かうことを意味しています。恵みの雨の先に、太陽が輝く明るい夏の日がスタンバイしています。

[*]2021年の場合

6月の花、紫陽花(アジサイ)を愛でる

2021-jun-tips-trivia_01.jpg

雨にぬれて、美しさいっそう 

6月の花といえば思い浮かぶのは紫陽花でしょう。雨の中にしっとりと佇むような姿は、水を思わせる青や紫などの花色と相まって、晴れた日よりもむしろ幻想的な美しさを感じさせます。また花色は七変化ともいわれ、たとえば咲き始めの黄緑から青や紫に、さらに赤みがかり、咲き終わりはまた緑へと時間とともに移ろう品種がいくつかあります。これは紫陽花のもつ色素が花の盛りに向けて濃くなり、その後は少しずつ薄くなるためといわれています。

厄除けのおまじないにも 

また紫陽花は古来より厄除けの花ともいわれ、6月だけのおまじないもあります。6のつく日(6日、16日、26)に紫陽花を逆さまに吊るしておくというもので、玄関に吊るすと厄除けに、部屋に吊るせば金運アップ、トイレに吊るすと婦人病にかからないとされているそうです。逆さまにしないまでも、雨の日の窓辺に1輪生けるだけで気分を和やかに、上向きにしてくれるところなどは、ご利益のある花といえそうですね。

「梅雨」と「梅」の素敵な関わり

2021-jun-tips-trivia_02.jpg

梅の実が熟すころの雨

梅の雨と書いて「梅雨(つゆ)」ですが、そもそもなぜ梅の字を使うのでしょう。それはこの漢字が中国由来だからといわれています。中国の揚子江あたりでは梅の実が熟すころが雨季であり、そこから「梅」の字が使われたとされているそうです。ただし中国から伝わったときは「梅雨(ばいう)」と読みました。さらに江戸時代あたりから、67月に雨が降って木に露(つゆ)が着くことから「梅雨(つゆ)」というようになったとする説があります。

「梅仕事」の楽しみ

ところで「梅仕事」ってご存知ですか。「梅」が旬を迎える時期に梅干しや梅酒作りをすることで、6月はその仕込みにぴったりの時期です。梅干しは完熟した生梅を6月に塩漬けにして寝かせて待つこと1カ月半ほど。7月に入り梅雨が明けたら、いい塩梅(あんばい)に漬かった梅干しを34日ほど天日干しにしたらでき上がりです。夏の日差しを思い浮かべながら日々梅の漬かり具合をみる、手間ひまかける丁寧さが美味しさを育む梅仕事の基本です。

夏至を祝う

2021-jun-tips-trivia_03.jpg

国内外で行われる夏至祭 

「1年で最も日が長い日」というと真夏の7、8月のような印象ですが、梅雨どきの6月21日[*]がまさにその日、夏至です。その真逆の「1年で最も日が短い日」冬至(12月22日[*])はちょうど半年後くらいとなります。夏至は太陽の力が最大になると考えられており、その恵みを祝う夏至祭が海外や日本の一部地域で行われています。特にフィンランドやスウェーデンなど夏の短い北欧の国々では、夏至は特別な日とされ、それぞれに趣向をこらしたお祭りが賑やかに行われます。

[*]2021年の場合

豊作を願う「半夏生餅」 

冬至にかぼちゃを食べて柚子湯に入るのはよく知られていますが、夏至はどうでしょうか。
古くから太陽が力を増す、夏至から11日目の半夏生(はんげしょう)までの間に田植えをする習わしがあり、田植えが終わると小麦餅を作り、お供えとしました。関西方面ではこれを「半夏生餅(はんげしょうもち)」といい、夏至に関わりの深い食べ物とされています。また同じく関西では力強く張る稲の根をタコの足に見立ててタコを食する風習もあります。

「衣替え」いま、むかし

2021-jun-tips-trivia_05.jpg

歴史は平安時代から

道行く子どもたちの制服が夏服に替わるころ、6月は衣替えのシーズンです。その歴史は古く、もともと中国で旧暦の4月1日と10月1日に衣替えをしていた慣習が平安時代に日本へ伝えられたもので、当時は貴族たちだけの行事でした。江戸時代になると幕府の意向もあり回数が年4回に増え、人々は四季に合わせて手持ちの着物の仕立て直しなどを行いました。その後、明治時代になり新暦が施行されると6月と10月が夏服と冬服との衣替えの時期と定められ、現在まで定着してきました。 

「衣替え」を機にすっきりと

衣替えは、住まいや暮らしを見直すタイミング。
例えば、便利なサービスやアイデアを活用した衣替えはいかがでしょうか。しばらく着ない衣類の収納は<クリーニングサービス付き保管サービス >へ、<整理収納サービス >は住まいの見直しにもつながり、更にお部屋がすっきりするので、おすすめです。またリサイクルにつながる断捨離は、ものを大切にするエコな発想を生むことにもつながるでしょう。

蛍のいる日本の夏

2021-jun-tips-trivia_04.jpg

梅雨どきは、蛍との出会いのチャンス 

ほの暗い川べりに浮かび上がる、小さな光のゆらめき。幻想的な光景は舞い飛ぶ蛍たちの饗宴です。小川や草むらでの蛍狩り(鑑賞)は日本の伝統的な夏の風物詩で、見ごろは5月下旬から7月中旬くらい。どんより曇った蒸し暑い夜などの夜8時くらいに活動することが多いといわれ、梅雨どきは蛍に会える条件に適した時期です。蛍狩りの名所に出かけなくても、近くの小川や田んぼなどで偶然にも出会えることがあれば「ラッキー!」ですよね。

ライティングで「おうち蛍狩り」

近所に小川も草むらもなくて、という場合には「おうちで蛍狩り」はいかがでしょう。
お部屋やベランダに蛍のようなライティングをセットして、暗闇に浮かび上がる光を楽しむものです。ライトは100円ショップでも買える、クリスマスデコレーション用の小さなライトが線でつながったストリングライトでOK。もっと小さめのジュエリーライトなら、ガラス瓶に入れれば瓶の中に蛍を放したような美しさに。いつもの家が非日常的な「蛍空間」に変身します。

雨が上がれば、エネルギッシュな夏の到来です。恵みの雨で心をうるおしながら、次の季節へと心も身体も準備を整えましょう。

関連記事

×