生活情報

春の歳時記

季節や日々を楽しむヒント


季節や日々を楽しむヒント

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、季節を表わす言葉で、1年を4つの季節に分けて(春夏秋冬)、それぞれの季節をさらに6つに分けるという日本独特のものです。2021年3月中旬から4月中旬にかけては、二十四節気でいうところの春分(3月20日)、清明(4月4日)があります。春分は昼の時間と夜の時間がほぼ同じ時間となる日で、この日を境に昼の時間が長くなり本格的な春へ向かうころです。清明は「清浄明潔(すべてのものが生き生きとして、清らかに見える)」という言葉の略で、うららかな気候と花々や緑の芽吹きに新しい季節の訪れを感じることができるでしょう。

お花見

江戸時代に大きく開花

3月も半ばを過ぎると各地から桜の便りが聞こえてきます。お花見シーズンの到来です。お花見の起源は奈良時代の貴族の行事とされていますが、中国から伝えられた当初は花といえば梅の花でした。桜を愛でるようになったのは平安時代からで、その後鎌倉時代から安土桃山時代にかけては武士階級や町人たちにもお花見が徐々に広まっていきました。広く庶民が楽しむようになったのは江戸時代で、お花見の代表品種「ソメイヨシノ」もこの時代に誕生しました。

2021-mar-tips-trivia_001.jpg

「ひとりお花見」の楽しみ

桜のもとに集いみんなで楽しむのはお花見の醍醐味ですが、自分だけのオリジナルな「ひとりお花見」も新鮮な発見があったりします。たとえばいつも通る道を横にそれてみると、家の庭先にひっそり佇む桜に出会えたり、遠くの公園に出かけてみたら意外にも見事な桜が咲いていたり。桜探しのワンマイルトリップは、いつも行くお花見スポットでの過ごし方とは少し違う、ゆったりした時間と非日常的な気分を運んでくれそうです。

2021-mar-tips-trivia_002.jpg

花々を咲かせる春の雨

菜種梅雨とは菜の花が咲くころの3月中旬ごろから4月にかけて降る、梅雨どきのような雨のことをいいます。「春の長雨」や「催花雨(さいかう)」ともいわれ、「催花雨」は、春の花が咲くのを催す雨という意味で、まさに植物にとっては恵みの雨です。ちなみに新国劇「月形半平太」での有名なセリフ「春雨じゃ、濡れてまいろう」もこの時期の雨をさしているそうです。濡れても苦にならないやわらかで優しい雨の感触が伝わってきますね。

季節を味わう

菜の花は「菜の花」という植物の名前ではなく、アブラナ科アブラナ属の植物の総称で、大きく分けて鑑賞用と食用の2種類があります。観賞用は花付きがよいなどの特徴があり、桜の木の下などに咲き広がるさまはとても美しいもの。一方食用としてスーパーなどで売られているのは「菜花(なばな)」と呼ばれる品種が多く、花の咲く前のやわらかな葉や花茎を味わいます。鮮やかな緑が目にも美味しくビタミンC、鉄分、カルシウム、カリウムなど栄養も豊富です。

2021-mar-tips-trivia_003.jpg

朧(おぼろ)月夜

春の空にぼんやり浮かぶ月

明るさを増してきた春の日が陰り、ふと夜空を見上げてみるとぼんやりかすむような月の姿に出会うかもしれません。朧(おぼろ)月夜です。霧(きり)や靄(もや)などによって月や空全体にヴェールをかけたように見えることをいいます。霧や靄はこの時期「春霞(はるがすみ)」とも呼ばれています。また有名な小学校唱歌「おぼろ月夜」には「菜の花畠(ばたけ)に入り日薄れ 見渡す山の端(は)霞ふかし」とあり、日本の春の情景として美しく唄われています。

「おぼろな気分」のすすめ

おぼろとは、物の輪郭などがぼんやりしてはっきりとしていない様子をいいます。食べ物にもおぼろ豆腐やおぼろ昆布などがあり、いずれもふわっとした優しさが魅力の味わいですね。物事をはっきり見たり見えるようにすることは、もちろん大切なことですが、時にはぼんやりすることもいいかもしれません。たとえば気の沈むようなことがあっても「記憶もおぼろげ」にしてしまえば、明日に向けて気持ちをリセットできそうです。

2021-mar-tips-trivia_004.jpg

新生活のストレスを和らげる

環境や人間関係の変わり目は要注意!

4月からは新年度がスタート。入学や進学、就職に転勤などで社会的環境が大きく変化することの多い時期です。テレワークの普及により初顔合わせもオンラインでという場合もあります。直接対面する場合も含めて、新しい人間関係は緊張感や不安を感じやすく、そうした緊張が続くと心身にストレスがかかり、不調を引き起こす要因ともなります。ストレスを感じたら、早めに和らげるようにしましょう。ご家庭で無理なくできるストレス解消法をご紹介します。

2021-mar-tips-trivia_005.jpg

カンタン、ストレス解消法

1 疲れたら休む。上質な睡眠を

がんばり過ぎは禁物です。「疲れたな」と感じたらまず休養を。休むことで前に進む活力を養うことができます。また睡眠不足は生理的ストレスのひとつ。睡眠の乱れが身体のバランスを崩し、自らストレスに弱い体をつくることになるので質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

2021-mar-tips-trivia_006.jpg

2 入浴はぬるめに

たとえば肩コリなどもストレスによる身体症状のひとつです。入浴は体を清潔にし、血行や新陳代謝を促し、筋肉痛を和らげ、神経をリラックスさせることができ、心と身体のコリをほぐす「疲労回復剤」です。ストレス回復のためには就寝前に38~40度のぬるめのお湯にゆっくりつかることが効果的です。

最新のユニットバスで心地よいバスタイムを

2021-mar-tips-trivia_010.jpg

3 身体を動かす

心と体はつながっています。身体を動かすことにより全身の血液の循環が良くなり、脳内では老廃物を洗い流し、頭をすっきりさせ、ストレスを和らげるという効果を生み出します。
空き時間などを有効に活用して散歩やサイクリングなどを行うといいでしょう。適度な運動は心身ともに健康でいられるために欠かせないことです。

自宅でできる「オンラインヨガ」もおすすめです。

2021-mar-tips-trivia_007.jpg

4 バランスのいい食事

心身の健康維持のためには栄養バランスのいい規則正しい食習慣を。ビタミン、ミネラルの不足と甘いものや嗜好品の取りすぎはストレス耐性を弱めてしまうので要注意。また早食いや過食もつつしみましょう。また気分転換をしようとして適量を超えた飲酒をすると「依存症」への引き金となりやすいので注意が必要です。

免疫力を維持するための食材紹介
見た目も華やかなで栄養価の高いレシピ
血流を整える食材紹介

2021-mar-tips-trivia_008.jpg

5 お気に入りの音楽を聞く

ストレスを溜めないようにするには時間のコントロールも大切です。1日に少しの時間でも自分自身をリラックスさせる時間をもつようにしましょう。たとえば音楽には心を落ち着かせリラックスさせる効果があります。人により心地よい音は異なりますが、特に好きな音楽を聞くと、気分も上向きになります。

2021-mar-tips-trivia_009.jpg

出典/日本成人病予防協会 ホームページ ストレスについて~対処法~
https://www.japa.org/mental_health/stress/cope.html

明るい陽射しや桜の花々に心をうるおしながら、さあ、新年度のスタートをきっていきましょう。

関連記事

×