生活情報

ディスポーザーのメンテナンス

メンテナンスNAVI

上手なディスポーザーの使い方

ディスポーザーを快適に利用するために

ディスポーザーとはキッチンのシンク下に設置された生ゴミ粉砕機です。

回転するハンマーテーブルと、周囲に固定された固定刃で、投入された生ごみを粉砕します。同時に流れ込む水と共に回転で勢いをつけて、排水管へ押し流します。

o04_002.jpg

引用:株式会社LIXIL取扱説明書より

ご注意!ディスポーザーは後から設置できません!

最初から“ディスポーザー排水処理システム”(専用排水管・処理槽等の設置)を採用しているマンションのみで利用が可能です。個人による後付けのディスポーザーの設置は原則禁止されています。

正しい使い方を心がけて

粉砕した生ゴミがトラップや排水管に詰まるのを防ぐため、ディスポーザーの粉砕音がしなくなってもしばらく(5秒以上)は水を流し続けましょう。

※メーカー推奨の給水量・給水時間を守ってご使用ください。

o04_004.jpg

投入できないものに注意!

故障や詰まりの原因になるので、次のようなものはディスポーザーに投入できません。

〈硬い生ゴミ、繊維質の強い生ゴミ〉

くるみの殻、梅干、桃などの硬い種、貝、冷凍食品、パスタ、生米、とうもろこしの皮、タケノコの皮、大量の玉ねぎの皮、しその葉など。

〈食品以外のもの〉

生け花など食品以外の生ゴミ、金属、陶器、木材、プラスチック、ゴム、たばこの吸殻など。

o04_005.jpg

〈高温のもの〉

熱湯、熱い天ぷら油、熱いカレーなど。

※ディスポーザーや排水管はプラスチックでできているため、高温のものを大量に流してしまうとプラスチックが変形してしまい正しく機能しなくなる恐れがあります。

o04_006.jpg

〈薬品類〉

配管洗浄剤などの塩素系洗剤、防臭剤など。

※塩素系洗剤、防臭剤を流すと金属疲労を起こし腐食してしまいます。

o04_007.jpg

誤って投入してしまったら

上記のようなものを誤って投入した場合は、必ずコンセントから漏電プラグを抜いてからトングなどで取り出してください。
流れてしまった場合には、鍋などを使い6リットル程度の水を2、3回に分けて一気に流してください。

!注意 コンセントにプラグを差し込んだまま、粉砕室内に手やトングなどを入れて、粉砕できなかったものを取り出そうとするのは危険です!必ずコンセントから漏電プラグを抜いてから行いましょう。

情報提供会社 株式会社LIXIL

調子が悪い時の考えられる原因と対処法

事象 考えられる原因 対処法
動かない ゴミの入れ過ぎによる過負荷 ゴミを取り除いた後、リセットボタンを押す
固い物の噛み込み 解除工具を使用して取り出した後、リセットボタンを押す
コンセント、ブレーカーの不具合 差し込みやON/OFFを確認
振動が凄い
異音がする
ターンテーブルにゴミが挟まっている ゴミが挟まっていないか確認して取り除く
固いゴミが残っている 内部のゴミを取り除いて運転して下さい
排水しない 内部にゴミを大量に詰め込み過ぎている 適量にて運転して下さい
入れてはいけないものが入っている 特にビニールなどは直ぐに取り除いて下さい

情報提供:クリーンテック東京株式会社

上記対処法で解決しない場合は早めに管理会社に相談しましょう。
お問い合わせ

トラブル事例はこちら

こんなところはプロにおまかせ!!

不調の兆候をセルフチェック

まずはご自宅のディスポーザーの状態を確認してみましょう。下記のような症状がある場合、早めの交換をおすすめします。

o04_012_img01.jpg

o04_012_img-sp-01.jpg

該当する項目や気になる症状はございませんか?

ディスポーザー交換の詳細はこちら

関連記事

×