生活情報

あなたに合った収納法は?
片付けタイプ診断!

暮らしやすくキレイが続く

整理収納術

〈タイプ別〉クローゼット・押入れ収納

そろそろ新年度の生活にも慣れてきたころ。このタイミングでおうちの収納を見直してみてはいかがでしょうか。まずはご自身の片づけタイプを知ることから。タイプがわかればがんばるポイントもわかり、整理整頓のコツがつかみやすくなります。

本誌読者アンケートでも皆さんがいちばん整理収納に苦労しているところに挙げていたのが「クローゼット・押入れ」でした。ポイントは「不要なものを手放す」と「しまうべき場所に戻す」こと。タイプ別に解説していきます。

片づけ4タイプ、あなたのタイプは?

テストへ移動
お片づけタイプ図

整理力…暮らしに必要なモノを選び取る力。
整頓力…モノの見た目を整える力。

理想のミニマムタイプ

手放せる・戻せる

持ち物は常に厳選。家の中は「必要なモノ」「お気に入りのモノ」だけで基本的にモノが少ない。使ったら元に戻すのは当たり前。

おすすめの収納プラン

好みのテイストで少ないモノを上手に使いまわすミニマムタイプさん。家族が片づけられないとストレスになるので、そんな時は見栄えの良いカゴ、おしゃれなコートハンガー、出しっぱなしOKの掃除道具などで「見せる収納」にしましょう。家族も使いやすく、おしゃれな部屋になりますよ。

まめタイプ

手放せないけど、戻すのは得意・・・

趣味のグッズや買い置き品などモノは多いが、使ったら戻すという行動が習慣づいている。マメに持ちモノの見直しをしている。

おすすめの収納プラン

モノは多くてもキレイにしまえる、まめタイプさん。収納に時間をかけがちなので、あとで出し入れしやすいようキャスターを付けたり、ラベリングしたりすると時短につながり家族も助かります。重ねられるケースや追加買いできる収納グッズを使うとアレンジしやすく便利ですよ。

モノを買うときはよく考えて

時間が経ってもわかる収納を
心がけましょう。

リカバリータイプ

手放せるけど、戻せない・・・

毎日は片付ける時間がないけれど、たまに思い切って持ちモノの見直しをしている。「処分しては増える」の、リバウンドを繰り返している。

おすすめの収納プラン

勢いで買ってモノを増やしがち。でもスイッチが入ると一気に減らせるリカバリータイプさん。勝手に家族のモノまで捨てないように気をつけましょう。ふだんは出しっぱなしで散らかりやすいので、戻しやすい余白(隙間)のある収納にすれば毎日のリセットが劇的に楽になります。

うっかり家族のモノまで
捨てないでね

少ないアクションでお子さま
が自分で「戻せる」収納に

よくばりタイプ

手放せないし、戻せない・・・

モノ持ちが良いためにモノが多くなる、その上なかなか片付けられない。モノがあちこち出しっぱなしになりがち。

おすすめの収納プラン

あれもこれも使いたい!いつか使うかもしれないから手放さない!という、よくばりタイプさん。片づけようとして、かえってモノが増えるなんてことも。まずは手放せないモノも定位置を決めて定期的に見直しましょう。片づけが得意でない自分を愛し、時々人の手を借りましょう。

自分ではムリなら
プロに頼む手もあります

もっとスキマを
愛しましょう

整理整頓レベルチェックテスト

直感でやってみよう!当てはまるほうをチェックしてください。

    はい いいえ
x

モノを床に置いている

x

収納スペースにもう余裕がない

x

新しいモノや流行りモノが好きでつい買ってしまう

x

捨てるつもりが何カ月も経っているモノがある

x

新しく買い替えても、古いモノも取っておく

x

バーゲンなどでは何か買わないと気がすまない

x

タダのモノはとりあえずいただく

x

サイズが合わない服でも捨てられない

x

ストック品は多めにないと安心できない

x

取っておくかどうか迷ったとき、とりあえず取っておく

x

テーブルの上にモノが出ていることが多い

x

収納は広ければ広いほど良いと思っている

x

何が入っているかわからないケースがある

x

モノをなくしたりよく探し物をする

x

洗濯ものをすぐにたたまない

x

椅子やソファに服やカバンがよく出しっぱなしになっている

x

使うモノは外に出ていたほうが使いやすい

x

置く場所が決まっていないモノが多い

x

賞味期限が過ぎている食材がけっこうある

x

家具は使いやすさよりデザインで選ぶことが多い

 

すっきり収まる衣類のたたみ方

長袖

ボトムス

靴下

2021-feb-storage_16.jpg

株式会社おうちデトックス 代表 大橋 わか

収納インテリアアドバイザー

保有資格
整理収納アドバイザー1級、整理収納アドバイザー2級認定講師、ライフオーガナイザー1級、インテリアコーディネーター、住宅収納スペシャリスト

プロフィール
大手カーテンメーカーを経て、青山の輸入家具・雑貨のセレクトショップでインテリアコーディネーターとして勤務。
個人宅と建売住宅のコーディネートを行う中で、「見せるためのインテリア」と「実生活でキレイを維持できるインテリア」は全く違うと知り、整理収納の大切さに気づく。「収納のチカラで叶えるインテリア」をコンセプトに個人宅の整理収納を中心にフリーランスとして約7年活動。2016年にチームで仕事を開始し、2018年1月株式会社設立となる。現在、テレビ・メディア多数で活躍。長谷工の整理収納サービスを共同で展開中。

関連記事

×