生活情報

リビング・ダイニング、リモコンなどの小物収納を使いやすく!

リビング・ダイニングに置く小物として日々の生活に欠かせないのが、リモコン類。テレビやエアコンなど複数のリモコンは家族がそれぞれ使ったあと、色々なところに置きっぱなしにして「あれ?どこいった?」なんてこともありがちです。そんなリモコンをはじめ小物類を暮らしやすく収納するコツを、今回もお片づけのプロ、大橋わかさん(おうちデトックス代表)に解説していただきました。

リモコン類の収納のポイントを押さえましょう!

使いやすくリモコンを収納するコツは以下の3ポイントです。

Point1『持ち運べるタイプのケースに入れる』
Point2『 ケース自体の定位置を決める』
Point3『 入っているモノそれぞれがチラっと見えているようにしまう』

2021-aug-storage_5_img01

リモコンと一緒にアルコールスプレーや虫刺され薬など、よく使うものを入れても便利です。

ジャマにならず、でも、わかりやすい場所を定位置に!

2021-aug-storage_5_img02

ラックに入れて安心するのではなく、ケース自体の定位置を決めておくことが大事。テレビまわりやソファー、ダイニングの近くなどに置きましょう。
リモコンなどよく使うモノは、収納ケースがふだんから目に入る場所にあると家族もわかりやすくておススメです。

定位置がもうない!そんなときにオススメなのが「移動式ワゴン」

2021-aug-storage_5_img03

ダイニングテーブルによく置いてしまうものや、お子様の本や書類をワゴンに入れ、テーブルの上は何もない状態で広々使いましょう。リモートワークのための資料や文具をまとめておけば、どこでも作業が出来て仕事もはかどりそうですね。


(今回の例)
●上段
未処理のもの(葉書やレシートなど)と文房具
●中段
ティッシュ、お手拭きなど
●下段
保管書類(学校便り、雑誌、デリバリーチラシなど)

2021-aug-storage_5_img04

2021-aug-storage_5_img05

 

・リビング・ダイニングまわりでよく使うモノには定位置を作りましょう。
・リモコンやコードはサッと持ち運べるケースに入れましょう。
・中身がちょっと見えるようにケース内にしまうと、家族みんなにわかりやすくてGoodです。
・置く場所がないときは、ワゴンを活用しましょう。

リビング・ダイニングのキレイを保つ秘訣は小物の収納!
散らかりやすいと感じるなら、定位置が使いにくかったり遠かったりしているのかもしれません。ぜひ、今回のアイデアをヒントにトライしてみてくださいね!
次回は、お困りの方が多いリビング・ダイニングの洗濯物についてご紹介します。お楽しみに♪

整理収納サービス

kid-special-2_sp-banner

2021-feb-storage_16.jpg

株式会社おうちデトックス 代表 大橋 わか

収納インテリアアドバイザー

保有資格
整理収納アドバイザー1級、整理収納アドバイザー2級認定講師、ライフオーガナイザー1級、インテリアコーディネーター、住宅収納スペシャリスト

プロフィール
大手カーテンメーカーを経て、青山の輸入家具・雑貨のセレクトショップでインテリアコーディネーターとして勤務。
個人宅と建売住宅のコーディネートを行う中で、「見せるためのインテリア」と「実生活でキレイを維持できるインテリア」は全く違うと知り、整理収納の大切さに気づく。「収納のチカラで叶えるインテリア」をコンセプトに個人宅の整理収納を中心にフリーランスとして約7年活動。基本的な“整理の考え方”具体的な“ 整理の方法”実践的な“収納のコツ”を実体験や事例を交え、テレビ・メディアなどで多数発信し、活躍。長谷工の整理収納サービスを共同で展開中。

関連記事