生活情報

大掃除前に整えておきたいこと

大掃除を効率的に済ませるための事前準備とお掃除のポイント


いよいよ師走。あわただしくなってきましたね。

「大掃除なんかしない」とはじめから割り切っている人もいますが、「お正月は清々しい気持ちで迎えたい」と思っている人も多いはず。
そこで無理しないでお部屋をクリーンにするための段取りや、お掃除のポイントをお伝えします。

暮れの大掃除を無理なく実施するには

before-housecleaning_img5.jpg

やることの仕分けをする

まず、この短期間でできること、できないことを仕分けしましょう。

before-housecleaning_a.png

  • 大掃除をする場所、しない場所を決める
    例えば、毎日お掃除しないところを中心に、エアコン、換気扇、各部屋の照明、玄関、窓などは大掃除の際に。
    毎日お掃除するトイレ、洗面室などは無理をしない。
  • 家族の分担を決める
    高いところは背が高い人、おもちゃ箱はお子さまになど。
  • プロに依頼する箇所を決める
    毎日のお掃除で自分で落としきれない汚れや、手の届かない箇所などはプロに任せる。

長谷工のハウスクリーニングでは浴室クリーニングなど、様々なメニューをご用意しています。

長谷工のハウスクリーニングメニューはこちら

自分でお掃除するときのポイントは
プロがアドバイスする

「お掃除のポイント」はこちら

house-cleaning_fimg-alt2.jpg

スケジュールを作る

before-housecleaning_304000634.jpg

今年はいつもの師走に比べて、おうち時間が長い方もいるのではないでしょうか。こんな時こそ大掃除を計画的に進めるチャンスです!
無理のないように余裕をもって日程を決めましょう。

  • カレンダー等にお掃除する日を書き込む
  • 担当者を忘れずに記入する

チェックリストを作る

before-housecleaning_b.jpg

簡単なチェックリストを作りましょう。

  • 掃除場所
  • 時間
  • 担当者
  • チェック

大掃除をスタートする前に準備すること

不用品を捨てる

before-housecleaning_img3.jpg

雑誌、書類、衣類、食器、贈答品、1年の間にたまってしまった使わないもの。大掃除の前に思い切って捨てましょう。捨てるにはもったいないと感じたら、フリマアプリに出品したりリサイクルショップに引き取ってもらいましょう。

マンションのごみ置き場はこの時期混み合います。なるべく早い時期に始末しましょう。

掃除用具を準備する

大掃除に必要なモノが揃っているか事前に確認しておきます。大掃除の途中で足りないものがあると買いに行かなくてはならず、時間も労力も無駄になってしまいます。

<洗剤など>
ガラス用洗剤、食器用中性洗剤、トイレ用除菌剤、クレンザー、酸性洗剤、アルカリ性洗剤、塩素系洗剤、アルコール除菌剤など

<用具>
雑巾(雑巾はなるべく多く用意し、濡らして洗濯機で脱水しておくと便利)
モップ、ラップ、古い歯ブラシ、ブラシ、スクイージーなど

洗剤や掃除用具は掃除する場にセットしておきましょう。

before-housecleaning_img4.jpg

身だしなみを整え、スケジュールを確認

普段できていない落ちにくい汚れをきれいにしようと、つい時間をかけすぎるということがあります。予定通り時間がきたら終わらせるようにして、他の箇所をやり残すことのないようにしましょう。また、マスク、エプロン、ゴム手袋をつけることを忘れずに。

飲料水やお菓子なども事前に用意しておいて、家族で楽しく大掃除に励みましょう。

before-housecleaning_img1.jpg

基本的な掃除のコツ

  • 上から下へ、奥から手前が基本。
  • 高い位置のホコリははじめに軽く拭き取っておく。
  • 取れにくい汚れは事前に洗剤をなじませておく。

お掃除のプロがアドバイスする「お掃除のポイント」はこちらから

ご家庭でのお掃除のコツや、“きれい”を維持するための効果的なお手入れ方法などをご紹介しています。

関連記事

×