生活情報

誰でも簡単!
お花のある
暮らし

<動画で紹介>簡単アレンジ方法


いつもの部屋をお花で飾ろう

リビングルームに花があるだけで、お部屋も気分も明るくなりますよね。 グラスに挿した一輪の花から、選んだ花を自由に組み合わせるアレンジメントまで、花と緑を気軽に暮らしにとりいれてみませんか。 このシリーズでは、季節の草花を楽しむアレンジをご紹介していく予定です。

「素敵生活」でいつもフラワーアレンジメントのスタイリングをしてくださる小川恵子先生が、教えてくださいます。

今回使う花材

秋にピッタリなお花を飾ります。

ダリア

ケイトウ

ワレモコウ

ススキ

キイチゴ

洋種ヤマゴボウ

飾る前に覚えておきたいポイント

せっかく飾った花や植物、できるだけ長く楽しみたいですよね。 切り花を長持ちさせるには、草花の茎の水切りと、栄養となるお水をきれいに保つのがポイントです。

*茎の水切り

これでお花は十分な水を吸い上げることができるようになります。

*吸い上げる水をきれいに保つ

  • 花器に注いだ水に台所用漂白剤を一滴たらす
  • 初夏から初秋にかけては毎日、春・秋は3~5日に1回、冬は5日~1週間に1回、水を替える。

カゴ2種を使って初秋のお部屋を彩る

フラワーアレンジ用籠

グラスを使うことで、カゴに簡単に花を飾ることができます。 同系色の色味で揃えれば失敗がありません。まだ逆に全く違う色を入れても面白いですよ。

flower-life-01_img7

flower-life-01_img8

お花はダリアとケイトウ、葉物は洋種ヤマゴボウと野の草を使います。

「なげいれ」にチャレンジしてみよう

「なげいれ」とは生け花で使う言葉で、花や植物の自然の姿をそのまま生かして入れる方法です。

ちょっとしたテクニックと身近にあるアイテムで上手に生けることができますよ。

花器のなかでバランスよく形を整えることのできるアイテム

flower-life-01_img16

100円ショップなどで購入できるトルネード(画像右上)、もしくは、針金を使って手作りしてもOK。

実際に動画でわかりやすくご紹介します。

<寸胴のグラス×ケイトウ>

トルネードをつかう

<高さのある花器×ススキ>

束ね方に注目


<広口の花器×ワレモコウ>

花器の肌に当てるよう、斜めに入れていく

オアシスを使って豪華に魅せよう

オアシス[*]はアレンジメント全体を思い通りのフォルムに作れるところが魅力。
オアシスは事前に十分水を吸わせておきましょう。

カゴ、オアシスを入れる皿、オアシス、セロファン紙(新聞紙)を用意します。
お花はダリア、ケイトウ、葉物は洋種ヤマゴボウ、キイチゴを使います。

[*]オアシス:お花を長持ちさせるための給水スポンジ。ホームセンターや100円ショップ等で購入できます。

オアシスには十分水を吸わせておく

オアシスから花器へ生け替えるアレンジ

枯れかけた植物から抜いていき、オアシスのすきまが見えるようになったら、花器に生け替えると長く楽しむことができます。

難しそうに見えたアレンジメントも、コツをつかめば簡単に作れます。自分なりに個性的な作品を作って楽しんでくださいね。

flower-life-01_img11

flower-life-01_img12

flower-life-01_img9

flower-life-01_img7

次回は洋風に見える菊のアレンジメントとスワッグ(ドライフラワーの壁飾り)の作り方を予定しています。お楽しみに。

ガラスの器でインテリアのアクセントに

土を使わず、水で育てる水耕栽培(水栽培)なら、お部屋の中でも気軽に園芸を楽しむことができます。お気に入りのガラス器を選べば、インテリアのアクセントとしても活躍します。

インテリアグリーンミニギャラリーはこちら

vol85-interior_11.jpg

小川恵子先生のプロフィール
神奈川県生まれ アトリエ リュイッソー 主宰
フラワーコーディネーター、テーブルコーディネーター、インテリアスタイリスト、ホームステジャー、木村ふみ氏に師事
カルチャースクールフラワー講座、輸入洋食器会社でテーブルコーディネーター、店舗、結婚式場のディスプレイスタイリング などに携わり現在に至る。「素敵生活」誌上のインテリアページでフラワーコーディネート、インテリアスタイリストとして活躍している。


関連記事

×