生活情報

くらし暦
1・2月

Kurashi Idea Diary

心と体をやさしくいたわる
冬の心地よい過ごし方

四季の移ろいがある日本ならではの日々の暮らし。今回は、寒い冬を元気に過ごす知恵を2人の先生にうかがいました。

1月

心と体をほぐす、かんたんストレッチ

2児の母であり、ママ・プレママへのヨガ指導経験も豊富なヨガインストラクター植田真由先生おすすめのエクササイズです。妊娠中の方にも取り入れやすいやさしい動きは、シニアの方にも安心。ぜひご家族みなさんで取り組んでみてください。今回は「椅子を使った」3つのポーズをご紹介します。

体側のばし

椅子を使うことで、安全にリラックスして行えます。足の付け根から脇腹、腕の付け根、胸まで気持ちよくストレッチでき、呼吸の質や血流の改善につながります。

詳しくは動画をご覧ください。

vol88-kid_img01

● ● ●

WEB限定動画

体側のばし

体の前と後ろの筋肉がバランスよく伸び、姿勢改善にも効果的です

お尻ストレッチ

腿の裏・お尻の付け根・腰まで気持ちよく伸び、腰痛改善が期待できます

戦士のポーズ2番

下半身の強化や、集中力アップにつながるので疲れを感じている時におすすめです

● ● ●

他にもお悩み解消のポーズをご紹介しています!

WEB限定ヨガレッスン動画

肩こり解消エクササイズ

「今すぐできる!肩こり解消簡単エクササイズ」

あなたの肩こり度チェックと、日常生活で肩こりを予防するためのポイント、肩まわりを心地よくほぐす3つのポーズを動画でご紹介しています。肩こりに悩む方々は必見です。

詳しくはこちらから

半漁王のポーズ

「体のクセを修正するポーズ」

体のクセを修正するポーズ3つのポーズを動画でご紹介しています。「半魚王のポーズ」は上体をねじりながら呼吸することで体のクセを修正し、胃腸を刺激するため消化や排泄も促すポーズです。

詳しくはこちらから

もっと知りたい!気持ちよく体を整えるポーズ

魚のポーズ

「自律神経を整えるポーズ」

交感神経と副交感神経をスムーズに切り替え安眠を促すには、まず自分の"心地よい状態"を知ることが大切です。「魚のポーズ」は胸を開き、深い呼吸と眠りを促します。

詳しくはこちらから

vol86-kid_img8

「睡眠リズムを整えるポーズ」

血行を促し「眠り」を心地よくするポーズをご紹介しています。寝る前や起床直後に、お布団やカーペットの上でも気軽にできます。

詳しくはこちらから

● ● ●

体験レッスンのお申し込みは電話やLINEでお手軽!

オンラインヨガ教室のお申し込みはこちらから

yoga_bannar

● ● ●

vol85-kid_img09.jpg

植田 真由
ヨガアイアム代表

プロフィール
心と身体の結びつきを探究し続け、独自メソッド「Yogaトレ®」を開発。オンラインヨガなど幅広く指導を行う。

妊娠・出産をサポートする講座や、子供と楽しめるオンラインヨガなど、親子にやさしいプログラムを多く発信。

vol88-kid_img08

飯嶋 理恵
ヨガアイアム チーフマネージャー

プロフィール

金融機関に3年半勤めたのち、結婚を機に退職。ヨガアイアムへ通うごとにヨガトレ®メソッドに惹かれ資格取得。現在はオンラインレッスンの他、講師活動、シニアヨガの活動を行っている。

● ● ●

2月

おなかからポカポカに!体を温めるやさしいスープ

寒い冬は、体を温める食事を意識しましょう。とろみのある汁物はおなかにゆっくりとどまり、内側から体を温めます。体温を維持するのに欠かせないタンパク質もしっかりとりましょう。

すりおろしレンコンスープ

すりおろしたレンコンのとろみと、チキンコンソメの旨味がやさしいスープです。大ぶりに切った旬の根菜の歯ごたえも楽しく、豆腐と鶏ひき肉の栄養もたっぷりと。人参のカロテンは粘膜の健康をサポートし、加熱した生姜からはポカポカ効果も期待できます。

vol88-kid_img02

約20分 134kcal

材料(4人分)

  • 鶏ひき肉 100g
  • 絹豆腐  200g
  • レンコン 160g
  • かぶ   80g
  • 人参   60g
  • 生姜   4g
  • 水    800ml
  • 牛乳   大さじ3
  • チキンコンソメ 2個
  • 酒    大さじ1
  • 塩    少々

作り方

  1. レンコンは半量を半月に切る。人参は半月切り、かぶはくし切りにする。生姜は千切りにする。
  2. 鍋を火にかけ、鶏ひき肉、生姜を入れて色が変わるまで炒める。
  3. 酒、1の野菜、水、コンソメを入れて煮る。
  4. 野菜が柔らかくなったら、崩した豆腐、牛乳を加えて塩で調味し、半分残しておいたレンコンをすりおろして加え、ひと煮立ちさせる。

人参とフルーツのコンフィチュール

見た目も鮮やか、ビタミンカラーのオレンジに元気をもらいましょう

人参、オレンジ、ドライアプリコットと、オレンジ色の素材を3つ組み合わせてつくるコンフィチュール。ジャムほどは煮詰めず、果実の食感を残して仕上げるコンフィチュールならではのフレッシュな風味を楽しめます。

vol88-kid_img03

オレンジ色の色素成分「カロテン」には粘膜を健やかに保つ作用があるので、冬の乾燥対策や風邪予防にもぴったり。はちみつときび砂糖のやさしい甘味で仕上げるので、パンに塗ったりヨーグルトに添えたり、さらにお肉のソテーのソースなど、食卓のさまざまなシーンで活躍してくれます。

約65分 411kca(下記材料でできあがる分量 約450g)

材料(4人分)

  • 人参 100g
  • オレンジ(防腐剤フリーのものがよい)2個
  • ドライアプリコット 3個
  •  生姜 5g
  • はちみつ 大さじ2
  • きび砂糖 大さじ2
  • 白ワイン 100ml

作り方

  1. 人参は皮をむいて、半月切りにする。鍋に人参とかぶる程度の水(分量外)を入れてへらで崩れるくらいに茹で、人参だけを取り出し、ブレンダーにかけてペースト状にする。
  2. オレンジは塩でこすり洗いし、半分に切って実と皮を分ける。実は角切りにする。皮は鍋に水から入れて、沸騰したら、中火にて15分茹で、薄切りにする。
  3. ドライアプリコットは5mm角に切る。生姜は千切りにする。
  4. ステンレスまたはホーロー鍋に1、2、 3、はちみつ、きび砂糖を入れて、15分ほど置き、糖分をなじませる。
  5. 4を火にかけ、白ワインを加え、水分がなくなるまで弱火で煮詰める。

アレンジいろいろ

★葛湯にして

オレンジ色のコンフィチュールを入れた葛湯。日本伝統のホットドリンクにオレンジの酸味や人参の甘味が不思議とよく合い、葛のとろみがおなかの中をぽかぽかと温めてくれます。水分補給にもなるので、冬の夜のリラックスタイムにもおすすめです。

vol88-kid_img04

作り方(4人分)

小鍋にコンフィチュール大さじ8 、はちみつ(お好みで)、水150mlを入れて沸騰させ、大さじ4の水で溶いたくず粉(大さじ4)を少しずつ加え透明感が出てきたらできあがり。

★豚肉や鶏肉のグリルのソースとして

vol88-kid_img05


★ヨーグルトやアイスクリームのトッピングとして

vol88-kid_img06


★トーストに付けて・紅茶に入れても

vol88-kid_img07


vol84-kid_img5.jpg

石川三知
Office LAC-U代表 / Body Refining Planner

プロフィール
スポーツ栄養アドバイザー。八王子スポーツ整形外科栄養管理部門スタッフ。中央大学商学部兼任講師。
浦和レッズの栄養サポートを担当するほか、多競技にわたり多くのトップアスリートの栄養サポートを行う。

著書
『身長を伸ばす栄養とレシピ』(学研プラス)
『決して太らない体に「食の法則」1:1:2のレシピ』(マガジンハウス)
『脳を操る食事術』(SB Creative)など多数
ユーキャン『スポーツ栄養プランナー』監修

関連記事